内部統制システムとは

内部統制システムとは、社内内部の業務が適正に運営されるために体制を作り上げていくシステムの事です。
主に情報の流出に対する保全やリスクマネジメントの管理を行います。ちなみにリスクマネジメントとはリスクを組織的に管理する事で損失を減らすプロセスの事を指します。
2005年に改訂された会社法では、取締役会がこのシステムを構築する権限を持ちます。

内部統制システムの基本的な考え方

ある大手企業の内部統制システムを整備していくための基本的な考え方は以下のようなものとなります。
まず内部統制システムを整備していく事で、法令を尊守していき、損失をできうる限り防ぎ効率的に運営していく事を目的とし、損失を防ぐ案を練ります。
そのために内部統制室を設置し、規定や体制を統括し、統一的な監査を実施する事で、内部統制システムの有効性を証明し、改善が必要であればそれを実施します。
そしてこのシステムにおける最高責任者は社長であり、内部統制システムに対する責任をもっています。
内部統制システムがうまく機能しない場合は社長が責任を取る、分かりやすくシンプルな構造を持っていますよね。

内部統制システムを整備するためにやっている事

内部統制システムを整備するために企業はどの様な事に取り組んでいるのでしょうか。
まず社員への義務として、法令を遵守する事や一生懸命業務にあたる事を定めています。
そして責任の所在を明らかにするため、企業倫理の確立やコンプライアンス意識を醸成させる事などを徹底する様に努めています。
特に企業倫理に関して力を入れており、何か社員が申し述べたい場合のために匿名でも可能な窓口を外部に設置しております。弁護士も関わっており、そこに社員が何かを訴えたからといって不利益は被らない様な体制が確立されています。
そしてやはり内部統制システムはリスクマネジメントをどうにかできて初めて評価される様な側面もありますので、リスクマネジメントに関するマニュアルがあり、とてもよくできています。
また近年では情報の保持に関する意識が高まっていますので、文書の整理保存や情報リスクマネジメントなどは徹底されております。とにかく意識を徹底させる事が大切な様ですね。