シャンパンの中ではあまり耳馴染みのない、サロンとはどんな歴史を持つシャンパンなのでしょうか?シャンパーニュ愛好家が最後に行き着くといわれているサロンの魅力について探ってみましょう!

生粋のブラン・ド・ブラン「サロン」

複数のクリュやセパージュを組み合わせるアッサンブラージュが王道とされるシャンパーニュにおいて、シャルドネのみを用いてつくられたこのシャンパーニュは、パリの社交場として知られたマキシムで振る舞われ、当時の富裕層の心をたちまち掴んでしまいました。
サロンを最も的確に表す言葉は「1」という特長的な数です。
それはなぜかというとサロンは他のメーカーと違い1種類のシャンパンしか作っていないからです。
1つの村、1種のブドウ、1つの年。独り占めせずにはいられないような幻のシャンパーニュが生まれると言えるでしょう。

サロンの生い立ち

1911年、ウジェーヌ・エメ・サロンという一介のシャンパーニュ愛飲家が造り上げた唯一無二のシャンパーニュがサロンです。
独特の哲学に基づき、ブドウの出来の良い年にだけ造られています。
これまでの100年で、37回だけ販売された幻のシャンパーニュです。シャルドネの聖地、コート・ド・ブランの中でもグラン・クリュであるメニル・シュール・オジェの、際立ったテロワールで育ったブドウのみ使ったこのシャンパーニュは、ミネラルを豊富に含んだ比類なき複雑味を与えられました。その熟成には最低10年をかけています。
そのサロンと同じ村で造られる姉妹メゾンが「ドゥラモット」です。250年の歴史とシャルドネへの強いこだわりを持ったメゾンです。
ちなみにサロンでシャンパンが作られなかった年は、姉妹メゾンのドゥラモットのシャンパンとしてブドウが使われます。
サロンのシャンパンと違って手が届きそうなリーズナブルな価格で飲むことができます。サロンの魅力の片鱗を味わうことができるかもしれません。

サロンはどんなブドウ品種からできているシャンパン?

ブドウ品種は、ル・メニル・シュール・オジェのシャルドネだけを使って仕立てられています。それがサロンのシャンパーニュです。唯一無二と呼ばれるのはそのせいですね。